ホーム > J-PAS fleairyコラム
取材

介護用品から経営課題の解決策まで集結した、介護業界 日本最大級の商談型展示会!CareTEX東京’22

3月9日~11日、東京ビッグサイト(南展示棟)で行われました介護業界 日本最大級の商談型展示会「東京ケアウィーク‘22」。この展示会は「CareTEX東京」「介護テクノロジー展」「超高齢社会のまちづくり展」「在宅医療 総合展」「介護医療 総合展」「からだケアEXPO」の6つの専門展から構成されています。 その中で、弊社商品である介護作業に特化した軽い!優しい!動きやすい!パワーアシストスーツJ-PAS fleairy(フレアリー)は「CareTEX(ケアテックス)東京」に出展させて頂きました。

2022.03.31

取材

アシストされる安心感があり、日常的に着用しても負担を感じない。特別養護老人ホーム「鈴鹿グリーンホーム」

介護ロボットを積極的に導入している特別養護老人ホーム「鈴鹿グリーンホーム」(社会福祉法人鈴鹿福祉会、三重県鈴鹿市)では、10月からジェイテクトの装着型パワーアシストスーツ「J-PAS fleairy(フレアリー)」を活用している。

2022.02.24

取材

最新のテクノロジーを活用して課題を解決する介護ロボットに関心が集まる国際福祉機器展(H.C.R.)2021

11月10日~12日、東京ビッグサイト(青海展示棟)で開かれた「国際福祉機器展(H.C.R.)」。コロナ禍の影響でリアル展示会は2年ぶり。規模は縮小されたものの、170社を超える企業が出展し、初日から福祉関係者や一般の人ら約1万3000人が来場した。高齢者や障がいのある人のQOLを高め、介護者の負担を軽くするためにどんな新しい機器が出ているのか、取材した。

2021.12.22

取材

介護ロボットの無償貸出なら介護プラットフォーム事業の活用がおすすめ

介護ロボットの開発から普及までを支援する、厚生労働省のプラットフォーム事業が昨年8月に始まった。現在、全国で14か所の相談窓口が開設され、介護ロボットを導入したい施設と開発に取り組む企業の相談に応じている。

2021.11.26

取材

自動車部品メーカーが、なぜ、介護ロボット開発

「電動パワステの技術で社会課題の解決を目指しています」  介護用パワーアシストスーツ「J-pas fleairy(フレアリー)」を開発したジェイテクトは自動車部品メーカーだ。そんな会社がなぜ、パワーアシストスーツなのか。しかも、介護ロボットらしからぬ衣服型。誰しもが思う素朴な疑問を開発者にぶつけてみた。

2021.06.15

取材

居室内ではベッド周りで介護。中腰時にもサポートを実感。住宅型有料老人ホーム「天寿」

大阪府泉佐野市の住宅型有料老人ホーム「天寿」では、2月末からジェイテクトのパワーアシストスーツ「J-PAS fleairy(フレアリー)」を試用している。「フレームのあるものは、使っていない時に邪魔。コルセットのようなも […]

2021.04.28

深堀り

パワーアシストスーツは選ぶ時代に。介護でも「中腰姿勢維持」機能に注目を

労働力人口が減少する中、完全には機械化できない分野での軽労化、生産性向上の救世主として注目されるパワーアシストスーツ。さまざまな製品があり、最適な製品を選ぶ時代に入っている。介護では、移乗用の装着型介護ロボットとして扱わ […]

2021.04.26

取材

見守りロボット、1人1台時代へ着々と「衣服型」装着ロボの提案もケアテックス東京に介護ロボの最新動向

3月17〜19日、東京ビッグサイト(青海展示棟)で開かれた「ケアテックス東京2021」(で介護ロボットの最新動向を取材した。見守り介護ロボットは、開発から普及の時代へ。1人1台時代に向け着々と準備が進められている。装着型ロボでは実用重視の「衣服型」が面白かった。

2021.04.01