ホーム > 特長

J-Walker テクテックへの想い

世界規模で急速に高齢化が進行する中、
課題のひとつに 「ロコモティブシンドローム」 があります。
症状が進行し、日常生活の 自立度が徐々に低下することで
要介護や寝たきりになるリスクが 高くなるといわれています。

私たちは、自社のコア技術によって何とかこのリスクを打開できないかと考え、
歩行能力の改善と健康寿命を延ばすことを目的とした
自立推進トレーニングロボット「J-Walker テクテック」を開発しました。
いつまでも健康で自立した豊かな生活をおくるために、少しでもお役立ちたいと考えています。

※ロコモティブシンドローム:体の関節や筋肉が加齢とともに衰えて運動能力が低下する状態

advantage

特長

A

J-Walker テクテックは、「腕ふりトレーニング」「負荷トレーニング」「アシスト歩行」の3つのモードを選択可能で、利用者様の自立度や日々の体調に合わせた、最適なトレーニングをすることが可能です。「腕ふりトレーニング」では通常歩行に比べ高い有酸素運動効果を得られることに期待できます。

B

ノルディックウォークの権威である中澤教授(東京大学)との共同研究により腕振り動作を取入れた自立推進トレーニングロボットとして歩行能力の向上が期待できます。
理想的なウォーキングフォームで姿勢改善、大きく腕を振り全身の筋肉を使う歩行により、効率よく筋力・体力をアップさせることが期待できます。
*中澤公孝教授(東京大学大学院総合文化研究科 生命環境科学系身体運動科学)

C

利用者アプリは、歩行結果のフィードバックに加えてBGMや応援の声機能や、その人にあった目標を楽しく達成できるゲーム性により「楽しみながら歩く」事に配慮した構成です。
また施設者向けアプリはトレーニングのデータ管理が一括で行え、トレーニング効果管理やトレーニング中の歩行状態の見える化でトレーニング内容の検討に活かせるだけでなく、報告書の自動作成により効率的な運用が期待できます。
(※施設向けアプリは現在開発中です。)

D

ジェイテクトが長年培った自動車分野での安全技術だけでなく、ISO13482(パーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する国際規格)も取得しており安心してご利用頂けます。

video

利用動画

Use scene

使用シーン

Specifications

仕様

【機器本体外寸(mm)】
W:653〜307×D701×H895〜1045mm
【重量】
13kg(バッテリー込)
【電源】
リチウムイオンバッテリ
【動作時間】
約4時間
当社規定の動作環境下での測定結果による
※製品の仕様・形状は予告なく変更される場合があります。

Introduction company

導入ケース

J-Walker テクテックは自立推進トレーニングロボットとして、様々な介護施設での導入が検討頂けます。